子育て支援研修の一環で、普通救命講習受講してきました!

娘が生まれてから、子どもの事故や救命に関することの関心が高くなりました。

もともと看護師、知識もあります。

勤務をしていれば、嫌でもこのような機会に遭遇しますし、いざという時に動けるように心の準備も十分していたつもりです。

医師も先輩ナースもいるし、機材も薬もある・・・。
訓練もしています。
しかし、臨床を離れてしまうとこのようなことに遭遇することはまれです。
そうすると、やっぱり体って動かなくなる・・・。
記憶を呼び戻しつつの対応では遅い。
救命は時間との勝負!
やっぱり反復練習が一番大事なのかと思います。

講習は一般の人向けですが、心臓マッサージやAEDの使い方を学べます。

早期に救命をすれば、しない時より倍くらいの救命率だそう。

いつ、誰がこのような処置が必要になるかわかりません。

だた、知識があればもしかしたら救える命もあるかも。

ちょっとした勇気をもって!と救命士さんはおっしゃっていました。

始めることも勇気
続けることも勇気
実行するのも勇気

子どもを守れるのは一番近くにいる親だと思っています。

何もないことが一番!
でも何か起きた時、命に関わる状態を限りなく遠ざける方法。

救命の講座。
ぜひ受けて欲しいなと思います。

LINEで送る
Pocket